販促力のある看板の使い方

   

せっかく看板を作っても、それが販促に繋がらなければ意味がありません。販促効果を高めるには使い方が重要になってきます。まず、飲食店においては来客数を上げることが売り上げに繋がります。その来客数は新規客プラス固定客ということになり、固定客の数が一定している以上、新規客の増加が売り上げを伸ばすことになります。その新規客を獲得するために、看板を有効活用するのです。まず、野立看板によって店の存在を離れた場所でも認知されるようにします。次に客が店に近づいてきたら、店がどこにあるのかわかりやすいように壁面看板あるいは突出看板によって知らせます。そして最後に入店させる工夫です。これが店頭に置かれるスタンド看板ということになります。お店のイチオシ商品が分かるようにして、フォントもイメージに合うように作ります。お店の第一印象が決まる可能性もありますので、ごだわってみましょう。

集客力を高める方法

看板には三つの目的があります。まず第一に、客に発見してもらう工夫をしなければなりません。目立つもの、見てもらえるものを作るようにします。インターネットなら、ユーザーは最初から目的意識をもって商品を探していますが、街中の看板は違います。不特定多数の人間が、それぞれ違った目的をもって通り過ぎて行きます。その人たちに気づかせることが大事です。
二つ目は、見た瞬間に入ってみたい、あるいは買ってみたいと思わせるようなデザイン、色使いであることです。反対に魅力的でなければ、いくら目立つところにおいて発見してもらっても、入ってはくれません。そして三つ目は、分かりやすくアクセス情報を明記することです。例えば飲食店ならば、入ってみたいと思わせても、その店がどこにあるのかわからなければ、結局その客を逃してしまうことになります。せっかく顧客がその店に行こうという目的意識をもってくれても、店を探し当てることができなければ、それだけ売り上げはマイナスになります。

より効果的な看板にする

効果的なものにするにはいくつかのポイントがあります。設置方向ですが、街中ならば人の進行方向に直角に置きます。道と並行では見てもらえないことになります。なぜならば、人はまっすぐに前を向いて歩いて行くからです。そしてより気づきやすい色や文字、デザインにすることも重要です。次に、どんな店なのか一目でわかるようにします。文字ではなく、イラストや写真を使用すると効果的な場合もあります。
飲食店や物販の店の場合、できればきちんと作られて街中に置く宣伝用のものと、店先に置くスタンド型のものの二つあると良いでしょう。メインのもので集客を図り、サブの方で客を店に誘導するようにするのです。

ピックアップ記事

販促力のある看板の使い方

せっかく看板を作っても、それが販促に繋がらなければ意味がありません。販促効果を高めるには使い方が重要になってきます。まず、飲食店においては来客数を上げることが売り上げに繋がります。その来客数は新規客プ...

看板の種類その1

看板と一口に言いますが、それでは一体どのような種類があるのでしょうか。まず最初に思い浮かぶのが、パラペット看板と言われるものです。これは店の入り口の上などに書かれているもので、来店する顧客にとって最初...

看板の耐久年数と耐用年数

看板に限らず、物には耐久年数と耐用年数があります。まず、耐久年数というのは、ある物が外部からの衝撃、あるいは化学的な影響を与えられて、どこまで耐えられるかという年数のことです。それに対し、耐用年数とは...

看板は店の顔

看板を作成するに際し、知っておかなければならないポイントがあります。まず、どこに設置するかが問題になります。看板は見てもらえなければ意味がありません。どうすれば見てもらえるのか、見てもらう割合を増やす...